ミノキシジルタブレット服用によっておこりうる副作用

最強の育毛剤との呼び声が高いミノキシジルタブレット。でも、副作用が怖いという話もよく聞きます。ミノキシジルタブレットは、AGA症状に有効なミノキシジルを主成分とした育毛剤です。元ノキシジルは、高血圧症の人のため、血管拡張剤として開発されたお薬です。その高血圧患者がミノキシジルタブレットを飲み続けたところ、腕や頭の毛が濃くなったことから、育毛剤としての研究が始まりました。それから薄毛の治療に活かすための研究が始まったそうです。つまり、薬の副作用を利用して髪の毛を無理やり生やしているというのが正解です。確かに、ミノキシジルタブレットには、発毛の効果があります。しかし、血圧効果剤としてのミノキシジルは、服用タイプなので全身に影響を与えます。まず、一番確実に出るミノタブの副作用は体毛が濃くなることです。

・体毛が濃くなる
ミノタブについては顔中の産毛が濃くなる、手の指の毛が濃くなる、すね毛が濃くなる、といった様々な諸症状が現れることがあります。女性であるにもかかわらず、ヒゲが生えてきた例も報告されたケースが有るほどです。体毛増加は、ミノキシジルの強い発毛力の表れなのですが、人によってはそれほどの影響が見られない人もいます。これは、ミノキシジルを飲む上ではしょうがない事だと割り切るしかありません。

・まぶたや顔のむくみが出現する
ミノキシジルタブレットの服用により、まぶたや顔のむくみ、はり感が見られる場合があるようです。副作用の中では、わりと頻度の高い症状のようです。これは、血管拡張作用により毛細血管が開くことで生じます。

・血圧低下
副作用の中でも特に注意して欲しいのが、血圧関連です。もともと低血圧ぎみ方が服用すると、さらに血圧を下げてしまうため非常に危険です。そして各臓器への血流量が低下するため、長期間の服用は臓器の機能低下を生じる可能性があります。放置しておくと慢性的な低血圧状態となってしまい、健康被害が大きくなってしまう場合もあります。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は元々高血圧の薬ですので副作用として手足の浮腫(むくみ)、血圧低下があります。ミノキシジルのその他の副作用として体毛の増加、吐き気、嘔吐、腹痛、性欲減退などが報告されています。全ての人に同じような効果が現れる、というわけではないようですが、AGA治療に効果が認められるのは確かなようです。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。