ミノキシジルタブレットの注意点

塗るタイプの育毛剤の有効成分として、経口摂取の錠剤として、注目を集めているミノキシジルタブレット。ミノキシジルタブレットに含まれる有効成分「ミノキシジル」は、薄毛の治療薬として承認された薬ではないため、重篤な症状が出た場合でも、自己責任となってしまうので、ご注意ください。

1.血圧に不安のある方は注意!
ミノキシジルは、元々は降圧剤として開発されたものです。血圧が低い方が服用すると、元々低い血圧を更に下げてしまいます。 放置しておくと慢性的な低血圧状態となってしまい、健康被害が大きくなってしまう場合もあります。

2.アルコールは注意!
アルコールを大量に飲むと、血管が広がることによって血圧が下がります。肝臓に負担もかかります。結果的に気持ち悪くなるなどの症状が現れる場合があるので、飲酒時は注意が必要になります。

3.心臓や循環器…臓器に負担がかかる可能性も
ミノキシジルは血管を拡張させる効果があるお薬なので、塩類と水分を体内に貯める現象が起きるようです。そのため、心不全の原因となる可能性があるそうです。また、代謝経路に関係してくるため、肝機能の障害を引き起こす可能性も考えられます。狭心症発作や動悸などの心臓系の副作用も報告されていますので、心臓に不安がある方も避けた方が良いでしょう。

4.耐性対策
外用する場合は外用剤を用いてください。ミノキシジルタブレットを水に溶かして頭皮に塗付しても発毛効果はありません。ロゲインなどミノキシジルローションは頭皮に吸収されやすく作られています。ミノキシジルの耐性に関してははっきりしていません。耐性対策としては用量をむやみに増やさず医師と相談しながら判断してください(耐性とは、お薬に体が慣れてしまって「効果なし」になってしまうことです)。